形が残る内祝いを選ぶメリット

消え物の内祝いでは記念に残せない

結婚や出産の内祝いとしては、お酒や菓子類、グルメセットなどが好まれるそうです。食品以外はバス用品とか洗剤、体験型ギフトなどもよく選ばれていますが、おそらく「消え物」の商品は、当たりはずれが少ないからでしょう。ただ食品類には賞味期限がある上、受け取る側にも好き嫌いやアレルギーの問題があったりして、誰にでも喜ばれるとは限りません。また普段忙しい人だと、体験型ギフトをもらっても活用する機会がなかったりします。またこうした後に残らない品物は、会社の同僚程度の間柄なら歓迎されますが、親戚など「何か記念として残したい」といったニーズのある相手には、物足らないかもしれません。そんな場合は、やはり形に残る品物を選んだ方がメリットが大きいはずです。

形の残る内祝いは思い出になる

形に残る品物として、まず内祝いの定番、タオルがあります。糸と糸を紡いで作ることから縁起の良い品物として人気です。これも消耗品とも言えますが、食品類のようにすぐに消えてなくなる訳ではなく、「消え物の方が良い」と考えている相手にも喜ばれます。生活必需品でもあり、年齢や性別に関係なく誰にでも使えるでしょう。

食器やまな板など、キッチンツールもおススメです。実用性が高く、末永く愛用できるので、使うたびに慶事の嬉しい思い出が蘇るでしょう。同じ贈るなら、それなりに名の知れたブランド品やスタイリッシュなデザインの品物が良いのですが、あまり凝ったデザインだと、相手の趣味に合わないかもしれません。尚、内祝いに贈り主の名前を入れる人がいますが、食品類ならともかく、形に残る品物には控えた方が無難です。