形が残る内祝いを選ぶデメリット

相手の趣味に合わない可能性がある

内祝いを選ぶときは、形に残るものを選びたいと考えている人も多いのではないでしょうか。形に残るものといえば、雑貨や食器などがあげられます。そして、贈る品物に名入れをしておけば、誰から受け取った内祝いであるかを忘れないという効果もあります。形に残る品物は喜ばれることもありますが、受け取る人によっては、あまり嬉しくない、かえって迷惑と感じる可能性があることは知っておきたいところです。まず、好みは人それぞれ違うのでせっかく選んだものも全く趣味ではない、気に入らないということも考えられます。そうなると実際に使ってもらうことは難しくなりますし、受け取った側もどのように扱えば良いのかと悩む可能性もあります。全員に気に入ってもらえそうなものが見つからない場合は、形の残る品には慎重になりたいところです。

形に残らないギフトを選ぶ

相手が気に入るものがわからない、悩んでしまう場合はカタログギフトにも注目してみましょう。これは、お祝いをくれた人にカタログを送りその中から気に入った商品を選んでもらうというものです。カタログギフト以外では、形に残らない内祝いを選ぶという方法もあります。特にスイーツや飲料などの食料品は年齢や性別に関係なく多くの人に喜ばれます。スイーツは見た目も可愛らしくおしゃれな商品も多いので、贈り物に向いています。このほかでは、調味料類やコーヒーやお茶のセットなども根強い人気があります。さらに洗剤やバスソルトなど、日常的に使う生活用品も形に残らないギフトとして多くの人に選ばれています。形に残らないものであれば、名入れをしても相手の負担になりません。